自販機設置前に知っておきたい情報をお届け|設置する時に役立てよう

男性

色々な種類がある

販売機

自販機が街角にあるメリット

自販機が世界で一番設置されているのは、意外にもアメリカだそうです。2番目はヨーロッパで、3番目に日本が入るそうです。しかし、アメリカやヨーロッパは施設内に設置されている自販機が大多数で、日本の様に街角に露出して置いてある自販機が多いのが日本の特徴です。日本の自販機の種類は清涼飲料水が43%程で両替機やコインロッカーなどの自動サービス機は25%、日用雑貨自販機が17%ほどだそうです。この様に街角でよく見かける自販機の特徴を活かして、2005年より設置されている自販機に住所表示ステッカーを貼るようになっています。これにより、火災や事故の緊急時に遭遇した場合に不慣れな場所からその住所を110番や119番通報するのに役立つようになったのです。

設置するなら省エネタイプがお得です

人通りのある場所にちょっとしたスペースをお持ちの方は、よく飲料の自販機設置のお願いをされることがあると思います。通常、設置をお願いされる場合はフルオペレータータイプと言われるメーカーが飲料の詰替えから空き缶のゴミ箱の清掃を全てしてくれて、一本あたり20円程度を貰って電気代だけを負担するシステムです。駅前のように相当な人通りがある場所で無い限り、意外と手元に残るお金は少ないものです。自販機は機種により電気代がかなり違うものです。ここ10年間で省エネ化が進み50%程度も消費電力が減っています。もし設置を決める際は、最新型の省エネタイプの機種を条件にしないと同じように設置するにしても消費電力が年間にするとかなり差になり手元に残る金額が変わってくるのです。

きちんと情報を得る

自販機

最近では自販機の設置を提供する業者も増えており、業者によってもサービス内容が異なります。しかし、現在ではネットなどを利用して業者について知ることができるため、設置を依頼する際には、一度情報を確認しておくとよいでしょう。

詳細へ

水分補給が行える

缶

自販機は、会社や工場などで働いている多くの人が喉を潤す為に利用する事が出来ます。専門の業者に設置をお願いすることにより、会社や工場で働く従業員に対して気軽な水分補給を行わせることができます。

詳細へ

設置する前に大切なこと

ペットボトル

自動販売機は、設置するスペースが確保できているのであれば、誰でも簡単に設置が可能となります。また、設置スペースの大きさによっても自動販売機の大きさが違ってくるため、きちんと確認をして業者と話し合う必要があります。

詳細へ

Copyright© 2016 自販機設置前に知っておきたい情報をお届け|設置する時に役立てよう All Rights Reserved.